機関誌『美夫君志』

美夫君志会にて編集、発刊している学術雑誌です。

第101号(令和2年10月)

 

『万葉集』の訓詁三題
―「灰にていませば」「ある愚人」「大島の嶺に家もあらましを」―
大谷 雅夫
「神ながら神さびせすと」
―人麻呂『吉野讃歌』についての考察―
倉持しのぶ
大伴家持のほととぎす詠
―「独居幄裏遙聞霍公鳥喧作歌」の表現をめぐって―
井口 日奈

▲このページのTOPにもどる