万葉関係新刊紹介

飯泉健司氏著

『王権と民の文学』

武蔵野書院
垣見修司氏著

『万葉集巻十三の長歌文芸』

和泉書院
藤原享和氏著

『上代歌謡と儀礼の表現』

和泉書院
廣岡義隆氏著

『萬葉のえにし』

塙書房
中川ゆかり氏著

『正倉院文書からたどる
言葉の世界』

塙書房
尾山 慎氏著

『上代日本語表記論の構想』

花鳥社
葛西太一氏著

『日本書紀段階編修論
文体・注記・語法からみた
多様性と多層性』

花鳥社
上野 誠氏・鉄野昌弘氏・
村田右富実氏編

『万葉集の基礎知識』

KADOKAWA
佐佐木隆氏著

『万葉集の歌とことば
-姿を知りうる最古の
 日本語を読む-』

青土社

▲このページのTOPにもどる